メンタルパーティ

うつ病→双極性障害でニートだった僕が、メンタルを攻略し安定して会社員として働く。

メンタル疾患持ち同士が同棲する際にしておきたい準備

メンタル疾患を持つ者同士が同棲することは、単なる同居生活ではなく、互いの理解と支援を深め、共に成長する機会となります。

お互いの状態を深く理解し合うことで、より強固な絆を築き、困難な状況にも共に立ち向かうことができます。

事前の自己理解と相互理解

自己理解

同棲を始める前に、まず自分自身のメンタル疾患について深く理解することが重要です。自分がどのような時に不安定になるのか、どのような支援が必要なのかを明確にすることで、相手に適切に伝えることができます。例えば、特定の状況やストレスが引き金になることを知り、それを避ける方法を見つけておくことが有益です。

 

自己理解を深めるにあたっては、カウンセリングを利用したり、メンタルヘルスに特化したアプリを活用すると良いです。

相互理解

お互いの疾患や症状についてオープンに話し合い、理解を深めることが必要です。相手がどのような時にサポートを必要とするかを確認し、それに応じた対応を考えておくことが重要です。例えば、相手がパニック発作を起こした時にどのように対応すれば良いかを事前に話し合うことで、実際の状況で冷静に対処できます。

相互理解を深めるノートを作成したり、日々の思うことや活動を交換日記に書いて情報共有をしておくと良いでしょう。

 

生活のルールと境界の設定

個人スペースの確保

同棲生活において、各自がリラックスできるスペースを確保することが大切です。例えば、自分の時間を持てる部屋やコーナーを作ることで、必要な時に一人になれる環境を整えましょう。1Kや1LDKでも同棲生活はできますが、窮屈さは拭えません。できることなら2K~2LDKの間取りを考えて部屋探しをしたいですね。

 

家事の分担

家事の分担を明確にし、お互いが負担を感じないようにすることが重要です。曜日ごとに担当を分けるなど、具体的な分担方法を決めておくことで、ストレスを減らすことができます。調子が悪い日にどのような分担を行うかなども柔軟に対応できるように話し合っておきたいです。

 

緊急時の対応

緊急時の対応方法を事前に決めておくことも重要です。例えば、調子が悪い時にどのように対応するかを話し合い、緊急時の連絡先を共有しておくことで、迅速かつ適切な対応が可能になります。

 

また、お互いの医療情報や治療計画を共有することで、適切なサポートができるようになります。例えば、服用している薬や定期的な通院日についての情報を共有し、相互にサポートし合う体制を整えましょう。

 

コミュニケーションの強化

定期的なチェックイン

定期的にお互いの状態を確認し合う時間を設けることが重要です。例えば、週に一度のミーティングを設定し、お互いの気持ちや状態を共有することで、問題が大きくなる前に対処できます。

 

また、感情や気持ちを率直に共有する習慣をつけることが大切です。交換日記を日ごろから行うことで、口では言えなかった気持ちやその日あった出来事を共有する場にしても良いでしょう。仕事の生活リズムが異なる場合にも交換日記を活用することによってすれ違いを防止することができます。オープンな対話を促進する方法を見つけましょう。

 

紛争解決の方法

トラブルが発生した場合の解決方法を事前に決めておくことも必要です。例えば、冷静になれるまで時間を置くなどのルールを設けることで、感情的な衝突を避けることができます。

 

まとめ

メンタル疾患を持つ者同士が同棲を始める際には、事前の準備が不可欠です。自己理解と相互理解を深め、生活のルールと境界を設定し、コミュニケーションを強化することで、より円滑な同棲生活が可能になります。準備が整えば、お互いの支え合いによってメンタル疾患を乗り越える力が強まり、困難な状況にも一緒に立ち向かうことができます。

 

十分な準備を行い、お互いを支え合いながら、安心して新しい生活をスタートさせましょう。共に成長し、困難を乗り越えるパートナーシップを築くことで、充実した同棲生活を送ることができます。