メンタルパーティ

うつ病→双極性障害でニートだった僕が、メンタルを攻略し安定して会社員として働く。

うつ病に効いた湯治と温冷浴の効果・その方法

うつ病といっても症状はさまざまです。精神的にくる人もいれば、身体的にくる人もいます。私は自律神経症状があり、身体症状が強かったです。

具体的には動悸、吐き気、頻脈、倦怠感、疲労感、脱力感がありました。また、精神症状として無気力、集中力の低下、希死念慮などもありました。

 

このように自律神経症状を伴う場合、自律神経を整えることで症状が緩和されることがあります。自律訓練法やサプリ、鍼灸治療などいろいろ試しましたが、私がメインに行ったのが鍼灸治療、温冷浴と湯治です。ここでは温冷浴と湯治について紹介します。

 

 

温冷浴・温冷交互浴

湯治はお金がかかることや体力の消耗があるため、別の方法を探して見つけたのが温冷浴です。

温冷浴とは、温かい湯船と冷たいシャワーを繰り返し浴びることで、交感神経と副交感神経の切り替えを行い、自律神経を鍛える入浴法です。

自宅でできるうえ、時間もさほどかかりませんただし、冷たいシャワー(16℃くらい)を浴びる勇気が必要です。

 

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、うつ病になると交感神経が優位になり、緊張しやすくなります。温かい湯船と冷たいシャワーを交互に浴びることで、自律神経の乱れを整えることができます。温かい湯船に入ると副交感神経が作用し、冷たいシャワーを浴びると交感神経が作用します。

 

これを交互に行うことで、自律神経がバランスよく機能するようになります。

温冷浴のやり方

温冷浴のやり方は簡単です。

  1. 冷→温→冷→温→冷→温→冷と計7回、温かい湯船(41~42℃)と冷たいシャワー(16℃)を繰り返します。
  2. 最後は必ず冷たいシャワーを全身に浴びて皮膚を引き締めます。

私は温かい湯船には2~3分、冷たいシャワーも2~3分浴びて実践しました。初めは冷たいシャワーに抵抗があったのでぬるめから始めましたが、次第に慣れてきました。

 

温冷浴を繰り返すことで、身体が冷えにくくなり、血管と皮膚が引き締まります。冷え性疲労回復にも効果があります。温めることで副交感神経を優位にし、冷やすことで交感神経を優位にするため、自律神経の切り替えが練習できます。

ポイント

  1. シャワーをかけた状態から徐々に温度を下げる。
  2. 「冷」で終えられるなら3回目や5回目でやめても良い。
  3. 冷たいシャワーは勇気がいるので、無理せず取り組む。

私は2ヶ月程度温冷浴を続け、体調が安定し、冷えにくい身体になりました。また、肌を鍛えることで暑さや寒さに強くなり、夏バテや冬バテにも効果がありました。

湯治

湯治(とうじ)とは、温泉地に長期間滞在して特定の疾病の温泉療養を行うことです(出典:Wikipedia)。

 

湯治を行う際は、ぬるま湯の温泉・旅館を選ぶと良いです。ぬるま湯(38℃~40℃)は副交感神経を優位にし、自律神経症状に効果があります。

 

長期間滞在するため、湯治場と呼ばれる自炊場や洗濯場がある旅館を選びましたが、自炊生活は体調によって難しいため、私は食事が提供される湯治の旅館を選びました。

 

群馬にある川古温泉浜屋旅館では、温泉が37℃~38℃に設定されており、湯治利用者には栄養のある食事が提供されます。一日に2~3時間入浴し、入浴後は必ず休息を取りました。予想以上に体力を消耗するためです。

湯治の結果

4日間の湯治を行った結果、翌週から翌々週にかけて体調が安定しましたが、湯治が十分でなかったことと疲労からその後に体調が悪化しました。湯治は長期間滞在することで効果が期待されるため、短期間の湯治は難しいと感じました。

温冷浴と湯治の比較

温冷浴

メリット

  1. 自宅ででき、金銭的負担が少ない。
  2. 短時間で実践可能。
  3. 冷え性改善や肌の鍛錬に効果的。

デメリット

  1. 冬場は実践が難しい。
  2. 心臓病や高血圧の持病がある場合は避けるべき。

湯治

メリット

  1. 温泉の効能により特定の疾病に効果がある。
  2. 転地効果で心身ともにリラックスできる。
  3. ぬるま湯で副交感神経を優位にし、自律神経を整える。

デメリット

  1. 長期間宿泊する必要があり、金銭的負担が大きい。
  2. 長時間の入浴は体力を消耗する。

 

どちらが良いかは個人差があります。主治医と相談の上、ご自身に合う方法を選んでください。僕のおすすめは温冷浴です。ぜひトライしてみてください!

 

 

 

参考にした文献
1.『病気の根源にある自律神経失調症を新陳代謝を高め改善するのが最初の目標 | 小川秀夫の湯治の目安』
https://www.masyuen.jp/yuji_guidance_ogawa/11277.html
2.『自律神経を整えるには温泉が効果的!その理由やオススメ温泉をご紹介 | plus Quality』
https://www.plusq.life/topics/1023
3.『温泉療法「湯治」のススメ | 天然温泉・岩盤浴 嵐の湯KISEKI宇都宮』
http://www.stonespa-kiseki.com/touji/
4.『湯治で期待できる効果は?-はじめての湯治-』
https://touji.kuroji.net/touji-efficacy.shtml
5.『【気になるこの症状】自律神経失調症 交感・副交感神経バランス 風呂の温度でコントロール ? ZAKZAK
https://www.zakzak.co.jp/smp/health/doctor/news/20140508/dct1405080830001-s.htm
6.『温泉・入浴の効能』
http://www.akakura.gr.jp/iyashi/n005-onsennokounou.htm
7.『正しい温泉湯治の仕方 | オブクレイ・コミュニティ』
https://ofclay.net/etc/onsen/toji/
8.『はじめは自宅で湯治を | 小川秀夫の湯治の目安』
https://www.masyuen.jp/yuji_guidance_ogawa/11300.html
9.『疲労回復、風邪予防に効く?温冷浴のハウツー | 百計オンライン|次世代の100年企業を創る』
https://hyakkei-online.com/archives/4165
10.『温めて冷やすと効果的!?温冷浴でポカポカ温まろう♪ | メガロスブログ-カラダに効くトピックス-』
http://www.megalos.co.jp/blog/archives/2020